調剤薬局で楽しく働くためのアドバイス!

お仕事情報系のサイトで、参考となるサイトがありました。医療事務のことなら医療事務のパート求人情報局で、派遣会社のことならこちらの派遣会社 ランキングが使い勝手よいですね(^^

調剤薬局以外の薬剤師のお仕事探しなら薬剤師の転職サイトを活用するのがおすすめです。

打撲から内出血へ

海外でスクーターに乗っている時に交差点で曲がってきたオートバイと出会いがしらになりました。 お互い乗り物ごと転倒しましたがすぐ起き上がることができました。 でもわたしは左膝のすねを相手のバイクにぶつけられてしまい、家の階段を上る時痛くてびっこを引きながら歩いていました。 幸い打撲だけで傷はつかなかったのでそのうち痛みも治まるだろうと思い、家で安静にしていました。 でも5日ほどたってすねから指先までが赤黒く腫れ上がってきたので怖くなって病院へ行くことにしました。 近くの病院は日本人の先生が駐在しているのでそれを期待して行きましたがあいにくその先生は不在で代わりにアメリカ人の年配の医師に診察してもらいました。 診察しながら英語でひっきりなしにしゃべっていましたが、何を言ってるのかさっぱり聞き取れません。 病院の受付の人は日本語と英語も少しわかるので何とか通訳をしてくれました。 腫れの原因は打撲による内出血で血が下へ下がってしまったことによるもの、たいしたことはないと聞いて安心しました。 頓服薬と軟膏を処方されて通院はそれっきりになりました。 海外保険に入っていなかったので全額自己負担で40$かかりました。 高くはないけど病院へ行くほどのことでもなかったなと感じました。 今度同じ症状が出たら病院には行かないで自然治癒に任せようと思います。

足に釘を打ってしまい病院へ

建築関係の仕事をしていて、足に釘を打ってしまい 病院へ行ったことがあります。 足にどうやってくぎを打つのか、それは 自動釘打ち機、通称テッポウという、 エアーコンプレッサーの仕組みを利用して釘を打つ 機械があるのですが、うっかりそれを壁に当ててしまい その反動で足に釘が刺さってしまったのです。 たかが釘一本でも足に刺さると痺れて歩けません。 幸い現場の近くで総合病院があったため 緊急処置をしてもらいました。 部分麻酔を打って釘を抜き、釘の刺さっていた部分に 消毒綿花を差し込んで、傷口を4針ほど縫いました。 釘を抜いてもらうまでは凄く痛かったのですが、 担当医師も看護師さんも、親しみやすく いろんな話をして痛みを忘れさせてくれました。 その後しばらく消毒に通い、化膿することもなく 順調に回復し、1カ月もしないうちに抜糸できました。 治療費は会社が負担してくれたのですが 数万円かかったようです。 今はキズを縫った痕が残っていますが、 後遺症もなく日常生活を送っています。

社会復帰のための準備

"現在育児休職中で、3歳と1歳の男の子に癒されながら生活をしています。 いずれは...


ビジネス書は成功者の体験を疑似的にできるツール

"ビジネス書というと、一見堅苦しい本というイメージがあります。 私も初めて手にす...


就職活動に役立ちました

私は大学時代に総合旅行業務取扱管理者の資格を取得しました。就職活動するときに候補...


自信を持って対応するために

まだ10代の頃の話です。あるクリニックで医療事務の資格を生かして大学に行きながら...


面倒になった建築士

1級建築士の資格を持っています。建築系の学校を卒業して、建築に関わる仕事に携わっ...


薬剤師として働く!!

求人サイトを活用しよう!

おすすめ求人サイト

薬剤師な日々

いろいろな仕事

リンク集