スキルアップを求めて転職


薬剤師が転職をする理由は、何も人間関係のトラブルに限ったことでは

ありません。


3年以上ひとつの薬局に常駐していると、薬の種類がどんどん増えていく

わけではありませんので、例えば「○○クリニック」に併設された薬局で

あれば、そのクリニックで処方される薬しか基本的に取り扱いません。


クリニック自体の診療科目が増えることはまずありませんので、患者さん

が持つ病気の属性がずっと同じなため、同じ薬を調剤して渡し続けること

になります。


働き始めの頃は多少、不慣れな部分もあり、新鮮さを感じますが、3年も

続けていると、同じことの繰り返しに感じる部分も多くなります。


同じ薬の処方を繰り返し続ける状態になると、向上心を感じることが難し

くなるので、スキルアップを目指して、他のクリニックや病院の処方箋を

見たいと希望を出される方も多いようです。


元々薬剤師の資格を取得された方は、勉強熱心な方が多いということを

考えれば、当然かもしれませんね。


そこで大手のチェーン薬局であれば、「それなら次はこの場所で」という

感じで違う薬局を提示することも出来るのですが、個人経営の薬局の場合

は、通勤できる場所に限界が早く訪れます。


このようになるとモチベーションが下がってしまい、自分の知識や技術の

スキルアップを求めて、別の薬局、職場へ転職される方が出てくるという

わけです。


例えば料理人を想像してみてください。


料理学校を卒業して、1つのお店に入り、そのお店で提供する料理を一通り

覚えて、何年も同じ店で、新しい料理を創作する権限を与えられずに同じ

料理を提供し続けたら、飽きてしまいますよね。


それと同じようなことが薬剤師にも当てはまるということです。


関連エントリー

土日が休みたい方へおすすめのサイト:人材派遣会社の求人登録はどこがおすすめ?人気の派遣会社一覧

薬剤師として働く!!

求人サイトを活用しよう!

おすすめ求人サイト

薬剤師な日々

いろいろな仕事

リンク集