職場ごとの給料の違い

薬剤師の給料は、職場毎に多少の差が見受けられます。


例えばドラッグストアだと少し高めになるようで、新卒でも年収500万円

くらいになるようです。


20代のうちだけを見ると、平均年収はドラッグストアが一番高いです。

もちろんこれは、全体の平均を見ての話ですので、能力の高い個人に高い

対価を払う職場というのは、他に無いわけではありません。


20代では高給な薬剤師ですが、40代になると大手メーカーで働いている方

の給料に遠く及ばなくなります。


大手メーカーで働く方の場合、30代で年収が一千万円を超えてくる方も

いますね。40代であれば、ほぼ一千万円以上は稼いでいます。


逆に薬局で一千万円の給料を受け取る方は、まず居ないと思います。


自分で独立し、店の経営者となるなどは別ですが、薬剤師として正社員や

パートとして薬局に勤める上では、まず有り得ないのが実情です。

職場ではいろいろと違うこともあるので名刺を頻繁に使うこともまれにあるので

一般的な名刺入れは持っていた方がいいでしょうね。外回りと事務作業などで職場ごとに給料が違うのはどんな業種でも同じですが鈴鹿市のホームページ制作M&Tコーポレーションなどでも違うようです。


関連エントリー

薬剤師として働く!!

求人サイトを活用しよう!

おすすめ求人サイト

薬剤師な日々

いろいろな仕事

リンク集